スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな芸人ランキング

最近はお笑いブームの影響で、好きなお笑い芸人ランキングというものが、いろいろな雑誌で特集されている。
その中でも一番有名な、「日経エンタテイメント!」という雑誌が特集している「好きな芸人ランキング」に注目してみようと思う。
そしてこの「好きな芸人ランキング」には、どのような影響があるのかということを考えてみようと思う。

2009年に発表された「好きな芸人ランキング」の順位は、
1位、明石家さんま 2位、オードリー 3位、爆笑問題 4位、島田紳助 5位、ビートたけし 6位、所ジョージ 7位、ダウンタウン 8位、綾小路きみまろ 9位、タカアンドトシ 10位、タモリ
2010年に発表されたランキングの順位は、
1位、明石家さんま 2位、ビートたけし 3位、爆笑間題 4位、島田紳助 5位、ダウンタウン 6位、所ジョージ 7位、綾小路きみまろ 8位、タモリ 9位、笑福亭鶴瓶 10位、タカアンドトシ

このランキングを見ると、必ず何か個々に思うことがあるはずである。
明石家さんまがやっぱり1位なんだなとか。
2009年のオードリーの人気は、本当にすごかったんだなとか。
とんねるずとかウッチャンナンチャンは入ってないの?とか。
明石家さんま、爆笑問題、島田紳助、ビートたけし、ダウンタウン、タモリはこれから「好きな芸人ランキング」というものをやり続けたとしても、必ず上位に入ってくるんだろうなとか。
ダウンタウンの順位低くない?とか。
綾小路きみまろの票は、全部おばさんからの票なんだろうなとか。
所ジョージは芸人じゃないのに、なんでランキングに入ってくるんだ?でもすごいなとか。
笑福亭鶴瓶はすごい芸人なのに、あんまり評価されてないんだなとか。
人気で面白い中堅芸人はたくさんいるのに、その中で入っているのはタカアンドトシだけなんだなとか。
このようなことを、必ず何か個々に思うことがあるはずである。

しかしよく考えてみると、個々にただそう思うだけなのである。
明石家さんまが1位だということは、明石家さんまファンはただ納得するだけ。ファンではない人は、世間が思うお笑い芸人のイメージはいつも明るい明石家さんまだというイメージが強いんだろうなと思うだけ。
2009年のオードリーの人気は、お笑いブームってすごいんだなって思うだけ。
とんねるずとかウッチャンナンチャンが入ってないのは、ファンもそうでない人も、最近テレビではあまり活躍してないからかなと思うだけ。
明石家さんま、爆笑問題、島田紳助、ビートたけし、ダウンタウン、タモリはこれから「好きな芸人ランキング」というものをやり続けたとしても、必ず上位に入ってくるんだろうなと思うだけ。
ダウンタウンの順位低くない?と思っている人は、ダウンタウンの面白さは普通にテレビを観ている人には伝わらないんだろうから、ダウンタウンはこの順位が妥当かなと思うだけ。
綾小路きみまろの票は、全部おばさんからの票なんだろうなと思うだけ。
所ジョージは芸人じゃないのに、なんでランキングに入ってくるんだ?でもすごいなと思うだけ。
笑福亭鶴瓶はすごい芸人なのに、あんまり評価されてないんだなと思うだけ。
人気で面白い中堅芸人はたくさんいるのに、その中で入っているのはタカアンドトシだけなんだと思うだけ。
このように、個々にただそう思うだけであるはずだ。

つまりどういうことなのかというと、自分の好きな芸人はこんなランキングをやっても変わらないのである。
自分が思う好きなお笑い芸人のランキングというものが個々の心の中にあって、その1位の芸人に対する世間の評価が低かったとしても、自分が思う好きな芸人ランキングが、この「好きな芸人ランキング」では順位変動は起こらないのである。
自分が思う好きなお笑い芸人のランキングというものが、なんとなくしかない人は、その時期によく見たお笑い芸人を好きだと思っているだけで、その時期が過ぎたら、またその次の時期によく見たお笑い芸人を好きだと思っているだけなのである。
だから2009年に2位になったオードリーは、2010年にはランキングに入ってないということが起こるのである。

つまり、「好きな芸人ランキング」とは、自分が思う好きなお笑い芸人のランキングというものがある人には、世間の評価が低かったとしても、自分が思う好きな芸人ランキングが、この「好きな芸人ランキング」では順位変動は起こらないため、この「好きな芸人ランキング」の1位の芸人が、この記事を読んだ人は好きになるというほどの影響力は決してなくて、その時期によく見たお笑い芸人が好きだと思っている人が選んだ好きな芸人を、「好きな芸人ランキング」という記録として、名前を残すだけの企画なのである。

つまり、その時期によく見たお笑い芸人が好きだと思っている人が選んだ好きな芸人を、「好きな芸人ランキング」という記録として、名前を残すだけの企画であって、この記事を読んだ人は1位の芸人を好きになるというほどの影響力はないという企画を、いろいろな雑誌で取り上げた。
しかし、この「好きな芸人ランキング」によって、お笑いブームで有名になったお笑い芸人には影響が出ているのではないだろうか。
「エンタの神様の終焉」でも述べたように、2000年代のお笑いブームで有名になったお笑い芸人は、すぐに飽きられてしまうという現象が起きた。
それは、雑誌等で多くその芸人が大きく取り上げられ一気に世間に注目されてしまい、まだタレントとしての技術が無いのに、いろいろな番組に出演してしまったため、ネタで使うフレーズを言うことしかできなくなって、面白くないというイメージが付いてしまったために、2000年代のお笑いブームで有名になったお笑い芸人は、すぐに飽きられてしまったのではないだろうか。

嫌いな芸人ランキング

好きな芸人ランキングとは反対に、「嫌いな芸人ランキング」というものも「日経エンタテイメント!」という雑誌が特集している。
その「嫌いな芸人ランキング」についても考えてみようと思う。

2008年に発表された「嫌いな芸人ランキング」の順位は、
1位、江頭2:50 2位、小島よしお 3位、出川哲郎 4位、ロンドンブーツ1号2号 5位、明石家さんま 6位、エスパー伊東 7位、青木さやか 8位、島田紳助 9位、綾小路きみまろ 10位、レイザーラモンHG
2009年に発表された「嫌いな芸人ランキング」の順位は、
1位、江頭2:50 2位、明石家さんま 3位、陣内智則 4位、狩野英孝 5位、有吉弘行 6位、島田紳助 7位、ロンドンブーツ1号2号 8位、小島よしお 9位、鳥居みゆき 10位、出川哲郎
2010年に発表された「嫌いな芸人ランキング」の順位は、
1位、江頭2:50 2位、島田紳助 3位、明石家さんま 4位、有吉弘行 5位、小島よしお 6位、ロンドンブーツ1号2号 7位、出川哲朗 8位、エスパー伊東  9位、久本雅美 10位、狩野英孝

このランキングを見て必ず思うことは、影響力のある芸人が上位に選ばれるということである。
2008年で8位、2009年で6位、2010年で2位の島田紳助と、
2008年で5位、2009年で2位、2010年で3位の明石家さんまは、少しでも何かをするとすぐに騒がれて批判を受けたりするくらい、今でも影響力がある芸人である。
世の中どんなことでも100%の支持を受けるということはありえない。
つまり、好きな芸人でも選ばれ、嫌いな芸人にも上位に選ばれるのということは、少しでも何かをするとすぐに騒がれて批判を受けたりするくらい、物凄い影響力がある芸人だという証なのである。
他にも、2009年で3位に選ばれた陣内智則も、離婚という世間の注目を一気に集めるということをしたため選ばれた。
2008年に4位、2009年には7位、2010年に6位のロンドンブーツ1号2号も「ロンドンハーツ」という影響力のある番組をやっている。
このように「嫌いな芸人ランキング」とは、その時期に影響力のあった芸人を選ぶランキングなのである。

そしてこの「嫌いな芸人ランキング」で一番注目すべきところは、ここには書いてはいないが、このランキングで、2001年から2010年まで、9年連続で1位を「江頭2:50」が獲得しているということである。

ブサイク芸人ランキング 1

吉本男前ランキングというものを前に書いたが、吉本男前ランキングを企画している、月刊誌「マンスリーよしもと」では、吉本男前ランキング以外にも、吉本興業に所属している男性お笑い芸人のブサイクを決める「吉本ブサイクランキング」というランキングも存在する。
この「吉本ブサイクランキング」も、吉本男前ランキングと同じく、吉本芸人限定のランキングではあるが、最近ではマスコミにも大きく紹介されていて、全国的にも知名度が上がっている。
吉本男前ランキングで1位になった芸人は、このランキングに選ばれたからといって、全国的に有名なお笑い芸人にはなっていないため、吉本男前ランキングはあまり影響力のあるランキングとは言えないと述べた。
では、「吉本ブサイクランキング」とはどうなのだろうか。

まず、2000年から「吉本ブサイクランキング」で1位になった芸人を調べていくと、
2000年~2002年 ほんこん(130R)
2003年~2005年 岩尾望(フットボールアワー)
2006年~2008年 山里亮太(南海キャンディーズ)
2009年、2010年 家城啓之(カリカ)
※ ほんこん、岩尾望、山里亮太の3人は3年連続で1位となり、殿堂入りとなっている。

吉本男前ランキングと同じように、「吉本ブサイクランキング」でもこの結果を踏まえて、1位になった芸人が全国的に有名になった時期を考えてみようと思う。
2000年~2002年に1位となった130Rのほんこんは、過去に「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演していたため、このとき既に全国的に有名なタレントとなっている。
2003年~2005年に1位になったフットボールアワーの岩尾望は、全国的に有名なタレントとなったのは、2003年のM-1グランプリで優勝してからではあるが、それ以前からフットボールアワーは、結成翌年の2000年ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を皮切りに、若手漫才師に与えられる数々の賞を総ナメにしていたため、岩尾望はブサイクであることは大阪では有名で、2000年から始まったこの「吉本ブサイクランキング」の、初代1位であるホンコンに次ぐ2位を岩尾望は毎年獲得していて、そのほんこんが殿堂入りとなったため、岩尾望がそのまま1位に繰り上がるというのは当然といえば当然である。
2006年~2008年に1位になった南海キャンディーズの山里亮太は、2004年M-1グランプリで2位を獲得して全国的に有名になってから、この「吉本ブサイクランキング」1位を獲得している。

ここまでは、吉本男前ランキングと同じように、「吉本ブサイクランキング」も、その時期に影響力のあった芸人が選ばれていると言って良いだろう。
しかし2009年からは、吉本男前ランキングではまず有り得なかった現象が、「吉本ブサイクランキング」では起こったのである。

それはカリカの家城啓之という芸人が、2009年と2010年に1位となったからである。
かなり失礼ではあるが、カリカの家城啓之という芸人の知名度が、全国的にあるとは決して言うことができない。
たしかに、カリカの家城啓之は「新すぃ日本語」という、2003年10月から2004年3月まで放送されていて、さまぁ~ずと、小林麻耶と武田鉄矢が出演していたバラエティ番組に、レギュラー出演していたという経験がある。
そのため、「吉本ブサイクランキング」で、2005年2位、2006年3位、2007年3位、2008年2位を取っていた。
それでも「新すぃ日本語」は、2004年3月まで放送されていた番組であり、その後のカリカはCSの番組にしか出演しているところを見たことがない。
にもかかわらず、5年後の2009年の「吉本ブサイクランキング」で1位を獲得し、更にそれは偶然などというものではなく、2010年でも1位を獲得したのである。
他に全国的に有名なブサイク芸人がいないということでは決してない。
なぜなら、吉田敬(ブラックマヨネーズ)、鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング)、ガリガリガリクソン、高木晋哉(ジョイマン)、千原せいじ(千原兄弟)など有名なブサイク芸人はたくさんいる。
しかし1位はカリカの家城啓之なのである。
つまりこのカリカの家城啓之が、「吉本ブサイクランキング」の常識を打ち破ったのである。
では、このカリカの家城啓之が、どのようにして「吉本ブサイクランキング」の常識を打ち破ったのかということを考えてみよう。

と思ったのだが、このカリカの家城啓之がブサイクであるということ以外、全く理由がわからない。
つまり2009年から「吉本ブサイクランキング」は、知名度などは全く関係なく、本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変わったのである。
このように、知名度などは全く関係なく、本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変わってしまったのは、何かしらの流れがあるはずである。
カリカの家城啓之がブサイクであるということ以外、全く理由がわからないということは、もしかすると、このように本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変えてしまったのは、カリカの家城啓之の前に殿堂入りした、「南海キャンディーズの山里亮太」に流れが変わった原因があるのではないだろうか。

ブサイク芸人ランキング 2

知名度などは全く関係なく、「吉本ブサイクランキング」が本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変わってしまったというのと、この「山里亮太」という芸人が、どのように関係しているのかというと、
それは「吉本男前ランキング」の1位よりも、更に「吉本ブサイクランキング」の1位のほうがお笑いの武器になるということが、「山里亮太」で証明されたということに関係しているのである。

130Rのほんこんや、フットボールアワーの岩尾望などの芸人は、ブサイクだけどなんか可愛さがあるいわゆるキモ可愛い芸人であるが、「山里亮太」は本当に気持ち悪がられているにもかかわらず、それを全て笑いに変えてしまう。
そんな姿を見て、“ある芸人達ファンの人達”が「吉本ブサイクランキング」でカリカの家城にこぞって投票していったのである。
その“ある芸人達のファンの人達”というのは、もちろん「達」が付いているためカリカのファンの人達だけではない。
“ある芸人達のファンの人達”というのは、カリカの同世代辺りの芸人達のファンの人達のことである。

カリカの同世代の芸人には、ニブンノゴ!、佐久間一行、POISON GIRL BAND、平成ノブシコブシ、Bコース、サカイス、こりゃめでてーな、犬の心、ガリットチュウ、ラフ・コントロール、井上マー、カナリア、ポテト少年団、他多数の実力があるとは言われているが、なかなか売れることができない芸人達がたくさんいる。
そしてこの世代の芸人のファンとは、この芸人達がなかなか売れないため時間が経ち、ファンになった当時は10代の若いファンで、「爆笑オンエアバトル」で述べた「若手お笑い芸人の成長していく姿を見るのが好きなお笑いファン」であったが、今ではもう少しお笑いについてわかってきている20代後半辺りの人達になっているのである。
そして、『その少しお笑いについてわかってきているファンの人達が、自分たちが「若手お笑い芸人の成長していく姿を見るのが好きなお笑いファン」としての目が間違っていなかったことを信じるために、「山里亮太」は本当に気持ち悪がられているのにもかかわらず、それを全て笑いに変えてしまうという現象を見て、「吉本ブサイクランキング」でカリカの家城に投票して1位になってもらい、そこからどんどん有名になっていけば、自分のファンであるなかなか売れない芸人も、注目されて有名になるのではないか』という現象が起きたため、
カリカの家城啓之が、「吉本ブサイクランキング」の、その時期に影響力のあった芸人が選ばれているという常識を打ち破ったのではないだろうか。

新語・流行語大賞

ユーキャン新語・流行語大賞とは、その年1年間に発生した「ことば」の中から、世相を軽妙に映し、多くの人々の話題に上った新語・流行語を選び、その「ことば」に関わった人物、団体を顕彰するとされている賞である。

では、この新語・流行語大賞はお笑い芸人にとって、どのような影響力があるのだろうか。
まず、新語・流行語大賞にノミネートされたお笑い芸人について調べてみると、
1981年には、チャーリー浜の「・・・じゃ、あーりませんか」(大賞)
1998年に、パイレーツの「だっちゅーの」(大賞)
2003年に、テツ&トモの「なんでだろう」(大賞)
同じく2003年に、ダンディ坂野の「ゲッツ」(ノミネート)
2004年には、波田陽区の「って言うじゃない・・・ 」「○○斬り!」「 残念!!」(トップ10入り)
2005年には、レーザーラモンHGの「フォー」(トップ10入り)
2007年には、「小島よしお」の「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴー」(ノミネート)
2008年には、エド・はるみの「グー」(大賞)

この8組の芸人が、今までの新語・流行語大賞にノミネートされている。
しかしほとんどの芸人は、この賞にノミネートされて以降、テレビではほとんど見かけなくなってしまう。
それは当たり前の話で、ほとんどの芸人はその流行語を言うことでしかテレビに出演することはできないから、その言葉が飽きられていくと同時に、その芸人も飽きられてしまうからである。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。