スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2代目 桂枝雀

今まで、いろいろなお笑い芸人やバラエティー番組などに起こる笑いの現象を書いてきたが、笑いが起きる現象については全く考えてこなかった。
それは「2代目 桂枝雀」が、「緊張の緩和理論」という笑いが起きる現象について考えていたからである。
「2代目 桂枝雀」とは、1961年に3代目桂米朝に弟子入りし、古典落語を踏襲しながらも独自の理論やオーバーリアクションとも見られるくらいの演技によって、爆笑王とまで言われていた落語家である。
しかし、演技力を追求するがあまり、落語の話の中で首吊りをするという話があり、それを実際に体験しようとして、1999年4月19日に亡くなってしまったという逸話を持っている。
そんな「2代目 桂枝雀」が考え出した「緊張の緩和理論」とはどのようなものなのだろうか。
「緊張の緩和理論」を自分なりにまとめてみた。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。