スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉本新喜劇

吉本新喜劇とは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している芸人や俳優らによって舞台にて行われる喜劇を披露する劇団である。

この吉本新喜劇の面白さとは、全てが「お約束」であるということである。
関西地区では吉本新喜劇は、1962年から毎日放送で毎週土曜日昼の1時から2時まで放送されている。
子供からお年寄りまで誰が見ても面白い伝統のある舞台として人気がある。
なぜ子供からお年寄りまで誰が見ても面白いのかというと、吉本新喜劇のボケは全てがお約束だからである。
チャーリー浜の「ごめんくさい、これまたくさい、あーくさ」、島木譲二の「大阪名物パチパチパンチ、ポコポコヘッド」「こまったこまったこまどり姉妹」「しまったしまった島倉千代子」「うーん、チューイングボーン」、池乃めだかの喧嘩でボコボコにされて「今日はこのくらいにしといたるわ」、桑原和男の「ごめんください、どなたですか。桑原和夫が参りました。お入りなさい。ありがとう。」、井上竜夫の「おじゃましまんにゃわ」、末成由美の「ごめんやしておくれやしてごめんやっしー」、間寛平の「アヘアヘウヒハ」「アメマ」「いくつになっても甘えん坊」「カイーノ」、藤井隆の「フォーッ!」「ホット!ホット!」、山田花子の「カモーン」、内場勝則の「いー」「アホちゃうよ」、辻本茂雄の「アゴや!」、島田珠代の「ちーん」、吉田ヒロの「まゆげボーン」「乳クリマンボ」、坂田利夫の「ありがとさーん」など、その芸人が出てきたらそのギャグを必ず期待するというお約束がボケであるから、子供からお年寄りまで誰が見ても面白いのである。
更にそのボケに対してのつっこみは、全員でずっこけるというものであるからかなりわかりやすいものになっている。

そのため吉本新喜劇は、関西に住んでいる人であれば、誰もが一度は見たことがあるというくらい有名であるため、あまり親しくはない人であっても吉本新喜劇さえ観ていればお互いに共通の笑いがあるため仲良くなりやすいのである。
それほど吉本新喜劇とは、商人の街である関西では生活に密着しているといっていいほど、生活には欠かせない「お約束」となっているのである。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。