スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つっこみについて

ここまで「つっこみ」について考えてみてわかったことは、「ナインティナイン」が作ったと思われる、
「つっこみというものは間違いを正し、ボケの面白さを視聴者にわかりやすく説明するのが役割」であり、そのため
「つっこみはそのつっこむ人自身がつっこまれないような容姿や言動や行動をしていなくてはならない」というつっこみ芸人の一般的な考え方は間違いであり、矢部浩之のように男前であるという要素は、あくまでつっこみ役として目立つための特徴の1つでしかないということがわかる。
そして、つっこみの腕を見せ付けるためには、どんなに実力のあるつっこみ芸人であっても時にはいじらせて、それに対して自分のキャラクターを活かしたつっこみを披露していけば、よりつっこみが上手いと世間からは評価されるのである。

しかしコンビのボケ役が、フレーズやキャラクターに頼っているような内容のボケしか求められないようになってしまった場合、そのボケに対してのつっこみはバラエティー番組の場合は司会者や字幕がそのつっこみの役割を果たしてしまうため、つっこみ役がどんなに実力があったとしても必要なくなってしまうのである。
そのため、大抵つっこみ役のほうの芸人が「じゃないほう芸人」などと呼ばれるようになってしまうのである。

しかしこれはあくまで、「ボケ役」がフレーズに頼ってしまっている場合のみのことである。
「さまぁ~ず」や「ハリセンボン」は、あるフレーズから人気となっていった。
そのフレーズは、どちらのコンビも「つっこみ役」が使っているフレーズである。
つまりつっこみ役の芸人が、視聴者に求められ、素人の人でも使いやすいフレーズを使っていけば、じゃないほう芸人などとも呼ばれずにコンビとして人気となっていくことが出来るのではないだろうか。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。