スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wコロン ねづっち

このように、たとえ「言葉遊び」は笑うためのものではないといっても、
「タモリ倶楽部」の空耳アワーのように、その言葉遊びがオチとなる面白い映像と一緒に紹介していたり、
「ラーメンズ」のように、独自の笑いの要素を含んでいたり、
「ナイツ」のように、笑いの回数を極限まで増やしていたりというような、
言葉遊び以外にある要素が含まれていれば笑うことが出来るのである。

しかし「Wコロン ねづっち」が披露している「なぞかけ」は、決して言葉遊び以外に他の要素は含まれていない。
それでもねづっちは、なぞかけを披露し人気芸人となっている。それはなぜなのだろうか。

Wコロンは「ナイツ」と同じく、年配の客が多い漫才協会で活動している。
そのため、ねづっちが披露するなぞかけは結構その場所では評価されていたはずである。
しかしそれでは若い視聴者には評価されることはない。

そこでねづっちは、なぞかけのお題を観客に求め、すぐにその場で整えるという「即興なぞかけ」を「爆笑レッドカーペット」や「アメトーーク」で披露したのである。
そして、決して笑うことは出来ないが凄いということで人気が出ることになったのである。

更に、「整いました!」「ねづっちです!」という覚えられやすいフレーズを使ったことで、なぞかけとは主に落語家などが大喜利などで行っているというものを、「なぞかけはねづっちのもの」というイメージに変えることができた。
そのためねづっちが出演していたら、なぞかけを披露してもらい、「お約束」というものを視聴者に印象付けることができ、聞き手はなにを言い返したら良いのかわからない言葉遊びであっても、どこでも求められるようになったため、多くのバラエティー番組やCMに出演することが出来るようになったのである。

しかし、「Wコロン」というコンビとしてはまだまだだといっても良いだろう。
それはなぞかけの意味を伝えるはずのつっこみ役は、テレビでは全く必要がないからである。
舞台などでは、なぞかけの意味をわかりやすく観客に伝えるためにつっこみ役が意味を伝えてはいたが、バラエティー番組などでは字幕がわかりやすく伝えるという役割を果たしてしまうからつっこみは全く必要ないのである。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。