スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫才ブーム 1

1980年頃に漫才ブームが起こった。このようなブームは漫才ブームの前にも、2度10年周期でお笑いブームが起きている。
1960年代には落語家や伊東四朗のいたてんぷくトリオなどの第一次寄席ブーム。
1970年代にはやすしきよし、コメディーNo.1、中田カウス・ボタンなどの芸人たちによる第二次寄席ブーム。
そして1980年の漫才ブームという流れがある。
このブームがなぜ起こるかというと、それは関西芸人の全国ネット進出があるためである。
吉本興業の持っている梅田花月、なんばグランド花月、京都花月で日々修行を繰り返されてきた芸が、全国ネットでは全く未知のタレントとして扱われ、関西芸人の中でも選りすぐりの芸人達が、貯蓄していたパワーを、わずか数ヵ月で一気に放出するためにこのブームが起こるのである。
そして更に関西芸人は、関西弁という魔法の言葉を使う。
これによって関西弁を話しているだけで面白い人。関西弁で会話をしているだけで漫才のように聞こえるといったようなイメージを一気に全国ネットで広めたのである。

そして更に漫才ブームは、これまでの芸能界のシステムを大きく根本的に変えた。
第一次、第二次ブームの時は、ただ単にお笑い芸人達の仕事がその時に飛躍的に伸びて、ブームが過ぎると元の劇場に戻るという現象にしか過ぎなかった。
しかし漫才ブームは違った。
それまでの芸能界は、カースト制度のような階級制が存在していて、俳優、歌手、アイドル、そしてそのずっと下に離れてお笑い芸人があるという感じであった。
それが漫才ブーム以降になると、お笑いの地位は飛躍的に向上して、今までは演芸場の延長線上でしかなかった漫才の客層が大きく変化し、若い女性を中心とするファンが増え、番組の添え物、歌手や俳優の引き立て役ではなくなり、常に番組作りの中心にいて、時代や文化を常にリードする存在へとなったのである。

そして、その漫才ブームの先頭を切って走ったのが、「B&B」と「ザ・ぼんち」の2組である。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。