スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリセンボン

この女芸人は、決して若い女性とは言えないおじさん顔というルックスと、的確で鋭いつっこみを武器に、バラエティー番組には欠かせない存在となっている近藤春菜と、
歯の神経が死んでいて死神のようなルックスを武器にしながら、大喜利などのボケ役に必要な要素もしっかりと持ち合わせている箕輪はるかのコンビである。

実はハリセンボンは、「ロンドンブーツ1号2号」や「オリエンタルラジオ」のように芸暦がまだ浅いときにメジャーな芸人となっている。
それは、トーク番組には欠かせなくなったある特徴を持っているからである。

その特徴とは、ブサイクだということを司会者などから突然振られたりしても、しっかりと近藤春菜がつっこむことで笑いを確実に取ることが出来るということである。
実はブサイクであることをトークなどでネタにする女芸人は、今までにはオアシズの「光浦靖子」以外の女芸人には、あまり存在しなかった。
しかしこの光浦靖子は、ハリセンボンがブレイクする前までは、仲の良さそうにみえるめちゃイケ(とぶくすり)メンバーだけしか、光浦がブサイクであるということはネタにはされることはなかった。
ブサイクであることをネタにしていたのは光浦靖子以外にも、芸人ではなく歌手の「研ナオコ」も、「志村けんのバカ殿様」に出演したときにネタにされていた。
しかしその際にも、研ナオコは更にブサイクになるメイクをしてコントをしているため、これもコントの中でブサイクキャラになっているだけのである。
「いくよくるよ」などの女漫才師も、漫才のネタとしてデブだとか化粧が濃いなどのことをネタにはするが、トーク中にそのような特徴をネタにはしない。
「久本雅美」が、ブサイクであることをネタにしているのではないかとも思うかもしれないが、久本雅美はブサイクな女性が“下ネタを話す”ということで注目されたのである。
つまり久本雅美は、ブサイクであるということを武器にはして下ネタを話してはいるが、ブサイクであるということはネタにはされていない。
「森三中」はブサイクであるということを前提に、自らブサイクであることをアピールしていろいろな芸を披露している。
「アジアン」というコンビの隅田美保が、ブサイクであるということを漫才以外でネタにしたのは、ハリセンボンがブレイクした後であると思う。

このように、実はブサイクであるということをネタにされている芸人はあまりいなかったのである。
そんな、今までにはいなかったブサイクであるということを、トークでどんな人にでもネタにされる芸人の第一人者が近藤春菜なのである。
それを実現させたのは、近藤春菜の特徴で笑いを確実に取ることの出来る、「短くて的確で鋭いつっこみ」があるからである。
ではなぜこの短くて的確で鋭いつっこみがあれば、女性客にでも男性視聴者にでも確実に笑いを取ることが出来るのだろうか。

「友近」でも述べたように、ブサイクだとは思うことができない女芸人や、ブサイクなのにブサイクだということをわかっていないというキャラクターで芸をする女芸人などには、若い女性は敵意を剥き出しにして、一切笑わないという姿勢になるということがあると述べた。
近藤春菜の場合は、自分でも認めているブサイク芸人であるという印象があるため、若い女性客にはとても好感が持たれている。
更に最近の若い女性客は、近藤春菜が登場すると「かわいい」などの声援を浴びせる。
しかしそんな客に対し、近藤春菜は「可愛くねぇよ!」などの切れのあるつっこみをしっかりと入れているのである。
そのため女性客には、自分でも認めているブサイク芸人であるという印象が更に強くなり、更に好感が持たれるし、男性の視聴者もそんな近藤に笑ってしまう。
そのため近藤春菜は、確実に取ることが出来るため、バラエティー番組では欠かせない存在となっている。

そんな近藤春菜と対角線上にいるのが、南海キャンディーズしずちゃんである。
しずちゃんも、自分でも認めているブサイク芸人であるという印象があるため、若い女性客にはとても好感が持たれている。
しかし、しずちゃんは山里亮太と一緒に共演しない場合が結構ある。
そのため、しずちゃんが登場すると「かわいい」などの声援を浴びせても、つっこみもせずにそのままにしてしまう。
山里亮太と一緒に共演していれば、なにかしらのフォローがあるのだとは思うのだがそれも無いため、若い女性客は自分でも認めているブサイク芸人であるという印象から、ブサイクなのにブサイクだということをわかっていない芸人に印象が変わってしまうのである。
男性の視聴者もそれを見て笑うことは無い。
そのため今のしずちゃんは、あまりトーク番組に出演することは無い。
しかし今のしずちゃんは、身長の高さなどを活かし、ボクシングなどをやっているため、今でも活躍し続けることが出来ている。

でもそんな特徴があることは非常に稀である。
つまり、もし近藤春菜が短くて切れのあるつっこみをしっかりと入れていなかったら今の活躍は無いはずである。
では、この「近藤春菜の切れのあるつっこみ」とはどのようなものなのだろうか。

この近藤春菜の短くて切れのあるつっこみとは、「自分でも認めてもいるし、否定もしている」ということであり、それが2つの意味を持っているものであるから女性も男性も笑うことが出来るのである。
どういうことなのかというと、
近藤春菜のつっこみで代表的なのが、「○○じゃねぇ~よ!」というつっこみである。
○○の中に入るのは有名人やキャラクターで、主に角野卓造、カンニング竹山、和泉節子、マイケル・ムーア監督、シュレック、サンボマスター、伊達みきお、古田敦也、船場吉兆のおかみ、亀井静香、井脇ノブ子等がいる。
そして、「○○じゃねぇ~よ!」という言葉の意味を考えてみると、
『この有名人やキャラクターと自分自身は似ていることは認めるけど、その有名人やキャラクターではない』
という文の意味が、「○○じゃねぇ~よ!」という短くて切れの良い言葉に収められているのである。
ということはつまり、このつっこみは「自分でも認めてもいるし、否定もしている」ということになり、それが2つの意味を持っていることになるのだ。
詳しく説明すると、まずブサイクだとは思うことができない女芸人や、ブサイクなのにブサイクだということをわかっていないというキャラクターで芸をする女芸人などには、若い女性は敵意を剥き出しにして、一切笑わないという姿勢を取られてしまう。
そのため近藤春菜は、『これらの“ブサイク”な有名人やキャラクターと近藤春菜自身は似ていることは認めるけど、その有名人やキャラクターではない』という意味を含んでいる「○○じゃねぇ~よ!」という短くて切れの良いつっこみを言うことによって、“近藤春菜自身がブサイクであることを認めている芸人”ということになるため、女性客からも好感を持ってもらうことができる。
そして、『これらの有名人やキャラクターと近藤春菜自身は似ていることは認めるけど、その有名人やキャラクターではない』という意味の「○○じゃねぇ~よ!」という短くて切れの良いつっこみをしているため、男性の視聴者も笑うことが出来るのである。

つまり、「○○じゃねぇ~よ!」という短くて切れの良いつっこみは、女性からの好感度を下げないための「自分はブサイクである」という言葉の意味も持っているし、お笑い芸人として笑いを取るためのつっこみという2つの意味を持っているため、今までにはいなかったブサイクであるということを、どんな人にでもネタにされる芸人の第一人者となったために、若くしてバラエティー番組には欠かせない存在となっているのではないだろうか。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。