スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブサイク芸人ランキング 1

吉本男前ランキングというものを前に書いたが、吉本男前ランキングを企画している、月刊誌「マンスリーよしもと」では、吉本男前ランキング以外にも、吉本興業に所属している男性お笑い芸人のブサイクを決める「吉本ブサイクランキング」というランキングも存在する。
この「吉本ブサイクランキング」も、吉本男前ランキングと同じく、吉本芸人限定のランキングではあるが、最近ではマスコミにも大きく紹介されていて、全国的にも知名度が上がっている。
吉本男前ランキングで1位になった芸人は、このランキングに選ばれたからといって、全国的に有名なお笑い芸人にはなっていないため、吉本男前ランキングはあまり影響力のあるランキングとは言えないと述べた。
では、「吉本ブサイクランキング」とはどうなのだろうか。

まず、2000年から「吉本ブサイクランキング」で1位になった芸人を調べていくと、
2000年~2002年 ほんこん(130R)
2003年~2005年 岩尾望(フットボールアワー)
2006年~2008年 山里亮太(南海キャンディーズ)
2009年、2010年 家城啓之(カリカ)
※ ほんこん、岩尾望、山里亮太の3人は3年連続で1位となり、殿堂入りとなっている。

吉本男前ランキングと同じように、「吉本ブサイクランキング」でもこの結果を踏まえて、1位になった芸人が全国的に有名になった時期を考えてみようと思う。
2000年~2002年に1位となった130Rのほんこんは、過去に「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演していたため、このとき既に全国的に有名なタレントとなっている。
2003年~2005年に1位になったフットボールアワーの岩尾望は、全国的に有名なタレントとなったのは、2003年のM-1グランプリで優勝してからではあるが、それ以前からフットボールアワーは、結成翌年の2000年ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を皮切りに、若手漫才師に与えられる数々の賞を総ナメにしていたため、岩尾望はブサイクであることは大阪では有名で、2000年から始まったこの「吉本ブサイクランキング」の、初代1位であるホンコンに次ぐ2位を岩尾望は毎年獲得していて、そのほんこんが殿堂入りとなったため、岩尾望がそのまま1位に繰り上がるというのは当然といえば当然である。
2006年~2008年に1位になった南海キャンディーズの山里亮太は、2004年M-1グランプリで2位を獲得して全国的に有名になってから、この「吉本ブサイクランキング」1位を獲得している。

ここまでは、吉本男前ランキングと同じように、「吉本ブサイクランキング」も、その時期に影響力のあった芸人が選ばれていると言って良いだろう。
しかし2009年からは、吉本男前ランキングではまず有り得なかった現象が、「吉本ブサイクランキング」では起こったのである。

それはカリカの家城啓之という芸人が、2009年と2010年に1位となったからである。
かなり失礼ではあるが、カリカの家城啓之という芸人の知名度が、全国的にあるとは決して言うことができない。
たしかに、カリカの家城啓之は「新すぃ日本語」という、2003年10月から2004年3月まで放送されていて、さまぁ~ずと、小林麻耶と武田鉄矢が出演していたバラエティ番組に、レギュラー出演していたという経験がある。
そのため、「吉本ブサイクランキング」で、2005年2位、2006年3位、2007年3位、2008年2位を取っていた。
それでも「新すぃ日本語」は、2004年3月まで放送されていた番組であり、その後のカリカはCSの番組にしか出演しているところを見たことがない。
にもかかわらず、5年後の2009年の「吉本ブサイクランキング」で1位を獲得し、更にそれは偶然などというものではなく、2010年でも1位を獲得したのである。
他に全国的に有名なブサイク芸人がいないということでは決してない。
なぜなら、吉田敬(ブラックマヨネーズ)、鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング)、ガリガリガリクソン、高木晋哉(ジョイマン)、千原せいじ(千原兄弟)など有名なブサイク芸人はたくさんいる。
しかし1位はカリカの家城啓之なのである。
つまりこのカリカの家城啓之が、「吉本ブサイクランキング」の常識を打ち破ったのである。
では、このカリカの家城啓之が、どのようにして「吉本ブサイクランキング」の常識を打ち破ったのかということを考えてみよう。

と思ったのだが、このカリカの家城啓之がブサイクであるということ以外、全く理由がわからない。
つまり2009年から「吉本ブサイクランキング」は、知名度などは全く関係なく、本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変わったのである。
このように、知名度などは全く関係なく、本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変わってしまったのは、何かしらの流れがあるはずである。
カリカの家城啓之がブサイクであるということ以外、全く理由がわからないということは、もしかすると、このように本当にブサイクな芸人を選ぶランキングに変えてしまったのは、カリカの家城啓之の前に殿堂入りした、「南海キャンディーズの山里亮太」に流れが変わった原因があるのではないだろうか。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。