スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールスター感謝祭

島田紳助の司会として、まず思い浮かぶのが、この「TBSオールスター感謝祭」であろう。
オールスター感謝祭とは、1991年秋から始まり今現在も続いている番組で、1年に2回行われ、200人もの有名人をゲストとして招き、紳助司会のTBSの新番組の宣伝も兼ねて5時間以上にもわたり生放送をするクイズ番組である。
この番組は紳助が35歳のときに始まり、もちろん紳助よりも先輩もいれば同業者のお笑いもいるその中で、5時間以上の番組の司会をするので、ものすごくプレッシャーのかかる番組である。
紳助はこの番組に向けて、200人のゲストを「最低でも一人一回は花を持たせる」ということを毎回目標に司会をしている。
「この話しになったらこの俳優に話を振り、そしたらこの流れで歌手に振り芸人で落とす」というようなパターンをいくつも考えて、その目標への達成をイメージする。
初めてのゲストの場合や、前にあまり出てこない役者などの場合は、クイズ以外の番組の企画などに参加させるようにして、しっかりと新番組の宣伝もさせる。
しかし、それは司会者としてなら当たり前のことなのではないかとも思えてしまうが、実はこれは紳助にしか出来ない番組なのである。

この番組は、新番組への宣伝をしなくてはいけないというのが大前提である。
もしこれが、「ビートたけし」が司会だった場合、もっとバラエティ色が強くなり、俳優や歌手などは居場所が無くなり、たけしの生放送だからなにをするかわからないというアドリブを期待してしまい、宣伝などしなくなるだろうし、視聴者もそれを求めない。
「明石家さんま」が司会だった場合、200人のゲストはほとんど要らなくなり、身内の笑いが取れそうなメンバーだけで番組を進めていってしまうだろう。
だから、200人のゲストに一人一回花を持たせることを目標にする島田紳助が、TBSオールスター感謝祭には適役なのである。

そして紳助は35歳にしてこの大役を見事成功させ、司会者としての地位を不動のものにしたのである。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。