スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンタの神様

この番組は、漫才ブームの火付け役となった澤田隆治プロデューサーの技術である「出来が悪ければ放送しない」「客席の笑いをちりばめる」という2つの技術を、エンタの神様のプロデューサーである五味一男プロデューサーが引き継ぎ、それをうまく使い2003年4月から2010年3月まで放送された、2000年代のお笑いブームの走りとなったと考えられる番組である。
実は、もともとこの番組は「他の番組では見せない芸のスタイル」をキャッチフレーズに挙げていた番組であった。
そのため、いつもとは違う芸を見せたり、漫才をしている芸人はコントをしたり、コンビの芸人の片方だけが出演したり、番組限定の芸名をつけたりしてこの番組に出演をしていた。
そして出演する芸人一組一組に対して、その芸人の芸がわかりやすくなるようなキャッチコピーをつけ、芸をする前にそのキャッチコピーをナレーションで紹介してからその芸人が登場をしていた。

更に、エンタの神様ではネタに字幕を出すという工夫をした。
なぜ字幕を付けるのかと言うと、その芸人のネタに含まれているフレーズを際立たせるためである。
エンタの神様の出演芸人は、アンジャッシュやインパルス、次長課長、陣内智則な
ど、他の番組でも活躍しながらエンタの神様に出演する芸人と、
波田陽区、小梅太夫、タイガーリー、kick☆、スリムクラブ、ですよ。、桜塚やっくん、生徒会長金子、他多数のエンタの神様にしか出演しない芸人の2つに分かれている。
他番組に出演しながらエンタの神様に出演する芸人は、この番組をテレビに更に露出するための足掛かりとして出演していた。
エンタの神様にしか出演しない芸人は、元々はテレビには全く露出していない芸人であったため、テレビに出るためのきっかけにこの番組を選び、この番組に出演するためのネタを作り、この番組に出演しようとした。
この芸人らのネタの特徴は、あるキャラクターを作り、そのキャラクターに合わせた覚えられやすいフレーズをネタの前か後に使い、そのキャラクターとフレーズを目立たせるというようなネタを作って番組に出演していたのである。
そして、そのフレーズを目立たせるために、この番組では字幕でそのフレーズを出して、よりフレーズを印象付けるために新しくネタに字幕を付けるという工夫をしたのだ。

そしてそのわかりやすさと、今までに見たこともないキャラクターがどんどん出てくるという期待感によって、エンタの神様は若い女性からの人気を得て、子供からはそのフレーズを真似され授業が進まなくなるというような状態になるくらいの絶大な支持を得る高視聴率番組へとなったのである。
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。